忍者ブログ
てきとーに自分の言いたいことや興味あることを書き綴っています。
繋がる道

首都圏では今年に入って高速道路の開通が続くようです。

来週開通の圏央道(境古河IC ~ つくば中央IC)を皮切りに来月には横浜北線(生麦JCT ~ 横浜港北JCT)が、来年度中には外環道の東側も開通の予定です。

圏央道はこれで常磐道から東北道、関越道、中央道を経て東名まで繋がったことになります。千葉の一部がまだ未開通ですが、あそこは需要がそれほどないと思うので別に開通しなくても問題はないでしょう。

今回開通した区間はほとんどが田畑か雑木林ばかりなのでそんなに時間はかからないだろうと思っていましたが、どうやら地質が予想以上に軟弱だったらしく、建設中に地盤沈下を起こして工事が延長されたようですね。

最初に青梅IC - 鶴ヶ島JCT間が開通した時は全通するまであと何年掛かるのだろうと思っていましたけど、20年ですか。未開通区間は残っていますが、道路の機能としては十分に果たせるでしょうから、これで全通したと思っても差し支えないでしょう。

横浜の生麦JCTで何かしら工事が行われていたのは随分前から知っていましたが、まさか第三京浜と接続するための道路を建設しているとは思いませんでしたよ。だって、すぐそばにはJR線と京急の路線が行く手を遮っているんですよ。さらに国道15号線もあってどうやって道路を作るのか不思議ではありましたが、現代の最新技術をもってすればそれは可能なようです。

作業台に敷いたレールの上に台車を設置して、その上に橋桁の一部を載せて線路を超えた橋脚までゆっくり送り出して作ったそうです。工事は4年半ほどかかったそうですが、この部分だけは建設主の「首都高速道路」ではなく「JR東日本」に委託して建設されたとか。

そりゃ下に線路10本と国道1本が通っていることもあって、事故が起きた時の補償は天文学的な数値になるでしょうからそうせざるを得ないと思います。ここが開通すれば横浜駅付近にある金港JCTの渋滞も大分解消されることは間違いないですよ。このJCT、深夜以外は通るたびに渋滞してますから。予定では第三京浜の港北JCTから東名までつなぐそうですが、こちらは開通までまだ先のようですね。

外環道は常磐道から関越道まで繋がってもう終わりかと思っていましたけど、少しずつですが工事は進んでいたようです。まあ、残りの区間は住宅地が密集しているところもあるので一筋縄ではいかないとは思っていましたが、意外に早くできた気がします。

この区間が開通すると、中央環状線の葛西JCTから三郷JCTまでの慢性的な渋滞はかなり改善されるだろうと思います。湾岸から常磐道へ都心を迂回して行くためにはどうしてもこの道を通るため、深夜以外はいつも混んでいます。この道は荒川放水路に沿って道路が敷設されているので外から交通状況が良くわかるんですよ。見れば必ず車が列を作って並んでいるのは日常のありふれた光景と言っても過言ではありません。

外環道と言えば、今日19日に関越~東名の区間を工事するシールドマシンが東名JCTから大泉JCTに向けて発進したそうです。このシールドマシンは東京アクアラインで使用されたものより大きいそうで、過去最大の大きさだとか。

この区間は計画が立ち上げられたときに地元住民の反対で凍結されて、そのままお蔵入りになっていました。流石に住宅地が密集して街ができているところに作るのはいくら国でも無理だったようです。このまま計画がとん挫したまま終わるかと思っていたら、大深度地下を利用した計画に変更して建設が始められました。

地上がダメなら地下に作るしかないのは大都市のお決まりではありますが、少し姑息な感じがしないでもありません。でも、この区間の開通による整備効果はかなりのものになるので、莫大な費用をかけてまで作る価値はあるとは思います。

ただ、今から作り始めるとなると少なくとも10年近くはかかるのではないでしょうかね。アクアラインですら着工から7年近くかかっているので、早くてもそのぐらいはかかるでしょうから。

拍手

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
プロフィール

HN:
yuyu
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
現在プレイ中のゲーム
  モバマス・デレステ
  グラブル
  
現在読書中の本
  剣客商売
  影響力の武器
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー

アーカイブ

検索