忍者ブログ
てきとーに自分の言いたいことや興味あることを書き綴っています。
レベル7

一昨日、少し前から読んでいた宮部みゆき先生の「レベル7」を読み終えました。

この本は親が発売された当時買ったもので、それから20年近く経ってようやく自分自身が読んだという本です。

この本を読むきっかけになったのが、福島原発で危険度がレベル7に引き上げられたというニュースを聞いたからという不謹慎極まりない理由でした。

まあ正直言うと、本の帯に「レベル7まで行ったら戻れない」という言葉があって、これが頭の片隅にずっと残っていたからなんですけどね。

そういうわけで早速読もうとしたのですが、肝心の本をどこにしまったかすっかり忘れていて、正月休みにようやく見つけ出したという間抜けな結果に。

自分で片付けておきながら忘れるのだから、まったくボケはまだ早いよ、おじいちゃん!

内容は詳しく書くとネタバレになってしまうので(一応推理物なので、あらすじも書けません)割愛しますが、中々面白かったです。

ただ、序盤の進行がゆっくりなので最初はとっつきにくいかもしれませんが、中盤以降は一気に物語が進むので読んでいると時間を忘れますね。

不満があるとすれば、タイトルにもなっている「レベル7」の意味とラストの結末でしょうか。

双方ともちょっとオチが弱い気がしたので気になりはしましたが、それを差し引いても十分読むに値する本です。

推理物は苦手だという先入観のために20年もの月日を必要としましたが、結局読めたので良かったという事にしましょう。

確か実家には山本周五郎賞を受賞した「火車」(お燐じゃないよ)もあったはずなので、今度帰ったら探してみようかな。

多分あると思うけど、引越しの時に処分している可能性もあるなあ。

とりあえず次に読む本は、手元にある吉川栄治先生遺作の「新・水滸伝」ですかね。

今の今まで何故か読んでいなかった水滸伝ですが、ようやく手をつけることに決めました。

あ、でもこれ未完だっけ?

そうそう、この本を読んでいたらある言葉が出てきました。

ひぐらしのなく頃で有名になった「嫌な事件だったね」です。

この言葉自体、汎用性が高いのでいろいろなところで使われても不思議ではありませんが、メモついでに書いておこう。

拍手

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
プロフィール

HN:
yuyu
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
現在プレイ中のゲーム
  モバマス・デレステ
  グラブル
  
現在読書中の本
  剣客商売
  影響力の武器
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー

アーカイブ

検索