忍者ブログ
てきとーに自分の言いたいことや興味あることを書き綴っています。
オーケストラ

先月の話になりますが、東京のコンサートホールへオーケストラを聴きに行きました。何でも父親の知人がある楽団の会員で、よくオーケストラを聴きに行っているそうですが、9月の公演には行けないと言うことで父親がその公演のチケットを貰ったようです。

とは言っても、私の両親が住んでいるのは近いとはいえ埼玉県。その為だけにわざわざ出かけるのは億劫だと言うことで、東京に住んでいることや、子供の頃にクラシックをよく聴いていたという理由で私にそのチケットが回ってきたというわけです。

確かに昔はよくクラシックを聴いていましたし、今でもたまに聴いたりしますが、生演奏はほとんど聴いたことがありませんでしたから有難く頂戴しました。

日時はちょうど仕事休みだったので問題ありません。そして場所は「東京芸術劇場」

どこでしたっけ?

ああ、池袋ですか。普段山の手の方には行かないので知らなかったです。駅から西に歩いて5分程度のところにあるので迷うことはないでしょう。

ここで一つ問題が。

ええ、着ていく服がないんです。一応、チェック柄のシャツにチノパンを穿いて行けばそれらしい格好にはなると思いますが、折角だから上に羽織るものを買おうかと思います。

ただ、普段からファッションに関して無頓着なため、世間でよく見るそれらしい格好を参考にしてジャケットとシャツを買いました。

まあ、買ったはいいのですが、相変わらず自分にはスーツ系の服装が似合わないなと思いました。仕事でもスーツなんてめったに来ませんから、やはり違和感があり過ぎです。

それはさておき、公演当日はあいにくの雨だったのですが、池袋駅から地下道を通って直接会場へ行くことができたので濡れる心配はありませんでした。

会場に着いて早速座席を探すことになるのですが、譲ってもらったチケットにはA席と記載してあったのでなかなか良い席で見られそうだと辿り着いた所は.........

















とんでもない所でした!!

え!何?この特等席みたいな所!下手をすると演奏者の方達より目立った所にいるのですが.........

何せ自分の座っている位置から観客席を含めた会場全体を見渡せますからね。

何だかすごい所の席を譲ってもらい、とても恐縮です。

さて肝心の曲目ですが、最初がスッペ作曲の「詩人と農夫」序曲、2曲目がプロコフィエフ作曲のピアノ協奏曲第2番ト短調、休憩を挟んで最後の3曲目はベートーヴェン作曲の交響曲第6番「田園」になります。

ベートーヴェンは言わずもがな、スッペも「軽騎兵」の序曲をよく聴いていたので知っていましたが、プロコフィエフだけは名前だけ聞いたことがあるだけで曲の方はよく知りません。

多分、どれか一つぐらいは聞き覚えがあるとは思いますが、最近の人(1世紀前ですが)はあまり知らないんですよね。

私もそこまでクラシックに詳しいわけではないので、帰ったら調べようかと思います。(調べたら、バレエ音楽「ロメオとジュリエット」第2組曲が思いっきり聞いたことがある曲でした)

演奏が始まる前に入場時に貰ったパンフレットを見ていたのですが、今回の指揮者はかなり若い人でした。オーケストラの指揮者と言えば初老を迎えた人が務める印象があったので随分若いなと思ったですが、パンフレットに記載してあった年齢が自分とほぼ一緒でした。

経歴を見ると、24歳でドイツのある国立劇場の音楽総監督を務めるほどですから、そうとう優秀な人なんでしょうね。

指揮者のこともあって、今回の公演はとても新鮮味に感じた素晴らしい演奏でした。

ただ、途中のフルートやピアノ、ヴァイオリン等のソロパートをあまりに集中して聴き入っていたら、どことなく眠気が生じて何度か意識が飛んでいたのはここだけの話です。あとは「田園」第4楽章の終盤あたりでもうつらうつらして、はっと目が覚めたのが最後の4小節のあたりという醜態ぶり。普段慣れないことをすると、こんな感じになるんですかね。

無事公演も終わったわけですが、来場者はやはり老年の方々が多かったですね。何組かカップルか若年夫婦を見かけましたが、数えるほどでしたし私ぐらいの歳で一人で来るのは奇特な方なのでしょうね。

確か10年ぐらい前にクラシックをテーマにした「のだめカンタービレ」というドラマが流行して、世間のクラシックに対する注目が集まった時期がありましたが、もう若い人に関心がなくなっているということを鑑みると、しょせんは一過性の流行だったわけですか。

世間のクラシックに対する印象は、「CMやドラマ等、テレビを見て聞いたことがある曲」程度のものでしょうから、そこからさらに一歩進んで関心を持つかは本人の気持ち次第でしょう。

もしかしたら、年を取ってクラシックの魅力に気づくことがあるかもしれませんから、それはそれで良いかもしれません。

最後になりますが、実はチケットはもう一枚頂いているんです。今度は12月中旬、同じ場所で。曲目はもちろん師走になるとよく演奏されるベートーヴェンの交響曲第9番です。

次もうまい具合に仕事がなければよいのですが.........

拍手

PR
遅すぎた路線計画

今月始めに阪急電鉄が大阪国際空港(以後伊丹空港と称します)へ乗り入れる路線を検討しているという話が持ち上がりました。何でも宝塚本線の曽根駅から分岐して空港とをつなぐそうです。

実現すれば、梅田から乗り換えなしの所要時間15分程度で行けるとか。現在伊丹空港へ乗り入れている軌道路線は都心を通らない大阪モノレールしかありませんから、利便性はかなり高いと思います。一応、空港から次の駅で宝塚本線に乗り換えられるので、そこまで不便というわけではないようですが。

元々この乗り入れ計画は半世紀前からあったそうですが、諸々の事情で今まで実現することができませんでした。

その理由を単刀直入に言うと伊丹空港の存続問題になります。伊丹空港はその立地の良さゆえに周辺住民との騒音によるトラブルがあとを絶ちませんでした。年を追うごとに増大する発着便に加えてジェット機の就航、流石に聞くに堪えなかったのかようやく行政が重い腰を上げて、1973年に「大阪国際空港撤去都市」なるものを宣言しました。要するに伊丹空港の存在が住民の生活に重大な被害を与えているので、空港を撤去することを誓ったということです。

こうした経緯を経て国も廃港を前提とした計画を立てていたので、阪急電鉄としても将来無くなる予定の空港へ路線を乗り入れる気にはならなかったのでしょう。

しかし、実際に空港がなくなると空港によって支えられてきた地域の産業が沈下して、市の財政が悪化するのではないかという危機感からか、90年代以降は一転して空港存続へ向けた運動を展開し、2007年には「大阪国際空港と共生する都市」を宣言しました。

これで、伊丹市による廃港運動は終焉を迎えましたが、今度は大阪府から「伊丹空港の廃止」計画が持ち上がったりと、伊丹空港の存亡はつい最近まで二転三転していたのです。

ですが、それも2012年に伊丹空港と関西国際空港とを経営統合するという形でようやく決着がつき、伊丹空港の存続は正式に決定されました。

こんな状況でしたから、残すかなくすか分からないような空港に鉄道を乗り入れる事業者なんているわけありませんよ。今回この計画が浮かび上がったのは、そうした諸々の問題がようやく解決したからなんでしょうが、少々遅すぎた気が否めないですね。

それとは別になりますが、もし実現したとなっても今の宝塚本線に空港線を乗り入れる容量はあるのでしょうか。以前の計画時も容量がなかったことで断念したという側面があったようですが、現在の宝塚本線も余裕がないと聞きます。まあ、その辺の問題は鉄道会社ですから何とか運用できるダイヤを組むのでしょうね。東京の鉄道会社も似たようなことをやっていますからできないことはないでしょう。

せっかく空港連絡線を作るのだから、羽田―成田間のように空港アクセス線を伊丹―関空間で繋げればと思いましたが、そういえば阪急(標準軌)とJR、南海(共に狭軌)は軌間が違いましたっけね。

今後、また計画が変更されて問題が泥沼化しないよう切に願うばかりです。

拍手

今なら新世界の神にでもなれそうな気分よ

東方天空璋が8月の終りに委託を開始したそうなので、早速購入してプレイしました。

しかし、東方をプレイするのは本当に久しぶりなので、肩慣らしにEASYから始めることにします。前回の紺珠伝のような例もありますからね。

自機はサブ装備が一人に付き4つもあるということで単純計算で16通りありますけど、ここは定番のホーミング霊夢でいいでしょう。クリアするだけならこれ以上の性能はないのですから。ただ、最近の東方は仕様が少しずつ変わってきているので、かつての常識が通用しなくなりつつありますがね。

そういうことで早速ゲームを開始したのですが、いきなり敵がわんさか出てきているんですけど!?



一瞬難易度間違えたかと思いましたが、画面右上を見てもちゃんと「EASY」と表示されているので間違っていないようです。

流石に敵の攻撃はゆるいとはいえ、難易度が上がったらもっと難しくなるんですよね。あまり想像したくないような難しさになりそうなんですが。

それよりも、敵を倒すとアイテムが大量に画面に散らばって敵弾が見にくくなるのがとても厄介なんですが、確かこんな光景を以前いたような気が............

あっ、星蓮船か。

難易度があれと同様ならこの先覚悟しておいた方が良いですね。

前半ステージは何とかなりましたが、後半はEASYとは思えないほど敵の攻撃が激しいです。下手をすると妖々夢のNORMAL並の難しさでは?

もう委託開始したからネタバレも公開しますが、ラスボスの存在が幻想郷創始者の1人というかなり存在感のある設定です。そのせいか、BGMがどことなくネクロファンタジアに似ているような感じがしました。

それと、ラスボスの恰好がなんとなく前作のラスボスである純狐さんに似てませんか?

何だか最近の登場人物は随分と大物が多いですね。変なTシャツヤローじゃなくてヘカーティアしかり、純狐しかり、隠岐奈しかり。

このまま大物が登場し続ければ、ただの西洋妖怪のひとつであるレミリアお嬢様の存在感が.........

まあ、二次創作では目立っているから別にいいか。(おい、コラ!)

とりあえず、もう少しプレイしてから他の事は書くことにします。

久しぶりに東方で遊びましたが、やっぱり東方Projectは良いですね。

拍手

終りになって関心が向く

夏の高校野球も残す試合は準決勝と決勝の3試合のみになりました。

勝ち残った高校は、花咲徳栄(埼玉)、東海大菅生(西東京)、天理(奈良)、広陵(広島)の4校。

この内優勝経験がある天理は、その優勝した時以来のベスト4進出だそうですね。この時後に自分の母校となった高校と2回戦で対戦したのですが、9回までリードを許しながらも最後はサヨナラ勝ちを決めて勝ち進んだことはいまだに記憶に残っています。

花咲徳栄は初のベスト4ですが、埼玉県勢としては準優勝した93年以来24年振りのベスト4進出になりました。この時は関東勢がベスト4に3校残っていたので、その3校のうちどこかしらが優勝するだろうと思っていたのですが、結果は残りの1校である兵庫の育英が優勝しました。

広陵は春の優勝経験があっても夏はまだ一度も優勝してなかったんですね。甲子園で優勝旗を掲げている場面を見たことがあったのでてっきり夏の優勝していると思い込んでいましたよ。

東海大菅生は都大会決勝で今一番注目されている選手がいる早稲田実業を破っての全国大会出場でしたが、周囲の雑音に惑わされることなく着実に勝ち上がってきました。

この4校のうちどこが勝つかわからないですね。どこもそれなりに力のある学校ですから。

拍手

2017年7月22日開業の駅

今回は、最近開業した鉄道の駅の事です。

栃木県の山間に「東武ワールドスクウェア」というミニチュアパークがあります。名称のごとく世界各国の建築物などを25分の1の大きさで再現している施設です。

実物大の大きさで再現している博物館やテーマパークなどは多々ありますが、ミニチュアサイズで展示しているのは日本ではここだけ............だったのですが、名古屋市にレゴランドが開園したので唯一ではなくなりました。

東武と名がついているところからわかるように、開園初期の頃は東武鉄道が直営していました。(後に子会社へ譲渡)

関東在住の方なら開園当初の頃に関東ローカル番組でテレビCMを目にしたことがあると思います。

元々東武鉄道の創立95周年を記念して作られたこのテーマパークですが、何故か最寄り駅がありません。

当然近くに東武の鉄道は走っているのですが、ちょうど駅と駅の間(小佐越駅と鬼怒川温泉駅)にあったので、鉄道で来園するためには長らくどちらかの駅から歩くかバスを乗る必要がありました。

鉄道会社が自前の施設の最寄り駅を設けないのは「変なの」と思っていましたけど、近年になってようやく駅の開設を決めたようです。(30数年前に東武動物公園が開業した時ですらわざわざ最寄り駅であった杉戸駅を東武動物公園駅に改称しているのに)

まあ近年の東武鉄道は専ら鉄道の設備改善やスカイツリーなどに資本を投資していましたから、赤字経営で採算が見込めないこの施設への投資はあまり重要視されていなかったのかもしれません。

何せ開園時の入場者数がピークでそれから右肩下がりに下がって、十数年前にはピーク時の10分の1まで落ち込んだそうですからね。ただ、スカイツリー開業に伴う展示物の追加で近年は多少持ち直したようですが。

それと、つい最近始まったSLの運行もありますから、今なら駅を作るメリットも大だと判断したのでしょう。どうせ近場の空いた土地を活用した簡易的な駅になるのだから、それほど費用も掛からないと思いますが、開園から24年、長かったですね。

ちょうど夏休みに合わせて開業しましたから、これで少なからず利用客は増えるのではないでしょうか。

東武ワールドスクウェア駅の位置

toburosen

拍手

プロフィール

HN:
yuyu
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
現在プレイ中のゲーム
  モバマス・デレステ
  グラブル
  
現在読書中の本
  剣客商売
  影響力の武器
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー

アーカイブ

検索